海外貿易を始める前に ~なりたい姿をイメージしよう!~

台湾貿易の知識

こんにちは、合同会社 PLAN IN PLACE 代表の西村です。

私は今まで、多くの方々と出会い、そして仕事をしてきました。

その経験の中で学んだことは、人から仕事ができると言われる方々には、必ず “自分が考える成功へのイメージがあり、またそれを達成するストーリーを持っている” ということです。

これは、単なる偶然ではなく、私は「仕事ができる方々の標準仕様」と思っています。

さて今回も、できるだけわかりやすく、また役に立つ情報をお伝えしていきます。

それでは最後までよろしくお願いします。

*今回は「海外貿易を始める前に~なりたい姿をイメージしよう!~」がテーマです。*

いったい何から始めたらよいの?

皆さんはテレビやインターネットから頻繁に、国際的大企業のニュースを目にされていると思います。

しかし、これら国際的大企業にも必ず創業時代があり、また国際的大企業になるまでの 道のり (試行錯誤) があったはずです。

では、これから海外貿易を始めようとしている 小規模企業 (小規模事業者) の方々は、いったい何から始めたらよいのでしょうか?

セミナーに参加しても、新規事業開発の専門書を読んでも、図解や難しい市場分析手法を説明するばかりで、結局はよくわからなかったことが多いのではないでしょうか?

なりたい姿をイメージしよう!

これから海外貿易を考える (始める) 状況においては、次の手順で検討してみてはどうでしょうか?

1)完成度の高い「海外事業計画」を立てようとするよりも、まずは「1・3・5年後に海外貿易がどうなっていたいか」をイメージしてみましょう。

*「1・3・5年後に海外貿易がどうなっていたいか」とは、ある種の「成功へのストーリー」のことです。

例えば、1年後には海外貿易の担当者が決まっている、そして輸出候補となる商品はAで、この商品をアジアのB国に売れるように営業活動を開始している。といった 大まかなストーリー (成功へのストーリー) です。

また3年後や5年後は、1年目のストーリーの延長線上、または枝分かれした内容になっているかもしれません。これらのストーリーはそれぞれの状況に合わせて設定する必要があります。

*ただし、これらストーリーは簡単にイメージできるわけではありません。やはり市場状況、業界や競合の動きもきちんと理解しておく必要があります。ですからイメージが生まれるもとになる、知識・情報・経験 を日々積み重ねること、  また、自分の感性 (=感じる性能) を常に高めておくことが大切と思います。

2)成功へのストーリー を立てたら、今度はそれが企業体力や会社方針に沿ったものかどうか、を客観的に、また冷静に判断してみることです。

なぜならば、このストーリーは個人の計画ではなく、会社としてのストーリーになるからです。あくまで、実現可能なストーリーであるためには、企業体力や会社方針に準じたものであることが前提となります。

実行スケジュールを設定するには?

3)成功へのストーリー が整ったら次は、ストーリー全体を鳥瞰し、さらに実行スケジュールを ”仮” 設定します。

実行スケジュールとは、これから活動する内容を時系列的に並べていくことです。

誰が、いつまでに、何をするか、といった手段をきっちりと明記しておくことが、実行スケジュールを立てる時のポイントになります。また数値で管理できる項目があればさらに効果的です。

4)実行スケジュールには、ストーリーを実現するための「手段」を設定する必要があります。

具体的には、縦軸に 実行項目 (手段) を記入、横軸に 実行する期間やタイミング を記入していきます。

*例えば、海外貿易を担当する人材をどうするかという問題が出てきます。社内から選ぶか、社外から経験者を採用するか、など対応方法はそれそれの状況に合わせる必要があります。

また、人材の確保以外に、販路開拓方法についても考える必要があります。例えば、当初は 商社を使う、もしくは公共機関 (商工会議所やJETROなど) に指導を依頼する、民間コンサルタントにお願いする、など対応方法は多岐に考えられます。

このように、実行スケジュールを達成するために必要な「手段」を、出来る限り加味していきます。

5)最後にもう一度、ストーリー全体を鳥瞰し、実行スケジュールを設定 (確定) します。

なおこの実行スケジュールには必ず、 マイルストーンを設定をしてください。

*マイルストーンとは、実行スケジュールの進捗確認や軌道修正を行う、重要なチェックポイント (地点) のことです。

これを設定することにより、ゴールまでの距離感、現状確認、問題の把握、などをチェックする ことができるようになります。

成功へのストーリーを考えるには?

成功へのストーリーを考えるには、「原点」となる想い (事業の本質)・理想的な将来像 が必要です。また、経営者・事業責任者の方々が「将来どうなっていきたいのか」をステークホルダーに知らせることも、大変重要なことであると思います。

貴社が「何年後に、どのようになっていたいのか」「その目標に向かって、今できること・できないこと」「これからできそうなこと・できそうにないこと」などを徹底的に考えることによって、「貴社の理想とする未来を叶えられるストーリーとは何か?」がイメージできるようになれるのではないでしょうか。

【関連ブログ】

売れるストーリーを考える ~成功へのイメージを具体化しよう!~

**********************************************

*最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。*

**********************************************

合同会社 PLAN IN PLACE では、国内や海外営業に30年以上従事した私の経験をふまえて、わかりやすいコンサルティングやサポートを第一に考えております。お気軽にご相談下さい。

本気で海外市場開拓を目指す経営者・事業責任者の方々とともに、「売れるストーリー」を見出し、実現まで伴走できることを心待ちにしております。

** 新規開拓でお悩みの企業様、海外進出をご検討の企業様、まだ検討段階でとりあえず話を聞きたい経営者様・事業責任者様を対象に、無料(リアル or オンライン)個別相談会 を随時承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。                                         弊社WEBSITEの【お問い合わせ】をクリックして、ご希望の日時をフォームに ご記入・送信 いただければ、メール 又は お電話にてご相談日時を調整し、お客様のご予約を確定いたします。**

おすすめブログ】

「オンライン無料相談会」を実施しております。

月刊経営情報雑誌 MASTERS(月刊マスターズ) 2022年10月号 に紹介されました。

**********************************************

blog

ブログ

               

「海外進出のイロハ」「貿易の仕組み」「貿易形態」「海外貿易のリスク」「取引条件」など、海外展開に役立つ情報を発信いたします。

information

各種セミナー・お役立ち情報

メルマガ登録のイメージ画像

メルマガ登録

               

海外輸出入に関する最新事情や、業界のこぼれ話などのお役立ち情報を配信しています。お気軽にご登録ください。

台湾勉強会・セミナーのイメージ画像

台湾輸出勉強会・セミナー

台湾市場を知り抜く弊社代表・西村による勉強会・セミナーです。海外輸出入のイロハを0からわかりやすくお伝えします。

個別相談会のイメージ画像

個別相談会

お客様のビジネスにとって、海外進出は正しい選択なのか。業界30年の経験をもとに、誠意を持ってお答えします。

go
top