海外貿易で取り組むべき課題について ~ローマは一日にして成らず~

台湾貿易の知識

こんにちは、合同会社 PLAN IN PLACE 代表の西村です。

私は以前、勤務していた会社において、海外販売子会社を2社設立しました。

1つは、メーカーで勤務していた時に設立した「本社が100%出資した 海外販売子会社 」です。

もう1つは、商社で勤務していた時に設立した「本社が100%出資した海外販売子会社が、アジア企業と共同出資で設立した 海外合弁販売子会社 」です。

今となっては、当時のプロジェクトマネージャーとして、その職務を果たせたことを、なつかしく、また誇りにも思っています。

さて今回も、できるだけわかりやすく、また役に立つ情報をお伝えしていきます。

それでは最後までよろしくお願いします。

*今回は「海外貿易で取り組むべき課題について~ローマは一日にして成らず~」 がテーマです。*

海外貿易を始めるにあたって

海外貿易を始めるにあたって、企業経営者の方々に理解していただきたいことがあります。

それは 「海外貿易を軌道に乗せるまでには 人・もの・資金・時間 が必要である」 ことです。「ローマは一日にしてならず」という言葉通り、海外貿易は大変な労力と時間を必要とします。それゆえ、「会社として真摯に取り組む」ことがとても重要であると私は考えています。 

また、このような現状を理解し、会社として真摯に取り組んできた企業こそが、今日の「ブランド力のある、国際的な企業」と呼ばれていることを、私たちは今一度リマインドすべきでしょう。

海外貿易では何が必要か?

海外貿易を始める際に、初期段階においては「どのようなことに取り組むべきか」について、以下に述べたいと思います。

  • 言語対応(基本は英語、できれば現地語)
    • 直接貿易・間接貿易によって、必要となる言語対応レベルが変わりますが、契約書や日々の交信 (電話・メールなど) においては、英語での対応が基本となっています。                                 
    • 言語対応が可能な人材の 採用・育成 のほか、自動翻訳システムを使うことも積極的に検討すべきでしょう。    
  • 組織(組織作りは海外貿易の要、人の出入りは当たり前の時代です)
    • 貿易人員は1名体制ではなく、複数名で対応することが望ましいでしょう。
    • 貿易業務は国内業務に比べて、書類作成などの関連業務が多いことを理解しておきましょう。
  • 知識(貿易業務、相手国の文化・風習・嗜好の理解) 
    • 言語対応と並び、知識は必要不可欠な項目です。貿易業務の習得はもちろん、相手国の文化・習慣・嗜好を理解することで、業務対応の幅が更に広がるでしょう。                 
    • 知識を習得するためには、人材の 採用・育成 のほか、外部機関や現地出張による研修も有効な手段でしょう。                  
  • 引き合い入手(展示会、商談会、インターネットマッチング、商社、などの活用) 
    • 自社のWEBSITEを多国語対応する方法もありますが、費用と時間がかかるため、まずはできることから実行していきましょう。
    • 引き合い入手のための 手段と方法 はバランスよく 検討・実行 しましょう。                                      
  • 輸出対応(商品に関する対応のほか、輸出時の出荷方法や包装形態の検討も必要です)
    • 自社のカタログやWEBSITEを外国語に翻訳したり、各国の要求に適応した仕様に変更すること(相手国の嗜好やデザイン、また規制や法令に準じた対応)も必要です。
    • 取り扱い説明書の翻訳(英語、現地語)や メンテナンス対応(出張対応、現地代理店の設定)も事前に検討しておきましょう。
  • 販売網の確立(販売ルートや現地代理店の設定)
    • 現地での輸入業務や販売管理、またマーケティングを行うために、販売網の確立は大変重要です。焦らず、冷静に、信用のおける 販売ルートや現地代理店の設定 を心がけましょう。
    • 販売ルートや現地代理店の設定を行う場合には、必ず「関連する契約書の締結」を行いましょう。                

【関連ブログ 】

初めての海外貿易 ~直接貿易と間接貿易について~

海外輸出を始める前に ~輸出先の現状とポテンシャルを理解する~

初めての輸入ビジネス ~押さえておくべき知識や注意点とは?~

企業経営者の決断と熱意、また 会社としての取り組み が重要

少子高齢化にともなう国内需要の落ち込み、国内市場における競合他社との競争激化など、国内ビジネスを取り巻く環境は、年々悪化していることは間違いありません。

もし、国内ビジネスの環境が今後も悪化していくのであれば、企業経営者としてその対策を講じるほかに企業を存続させる方法はありません。

最も大事なのは、企業経営者・事業責任者の方が「どうなっていきたいのか」を明確にすることです。

「何年後に、どのようになっていたいのか」「その目標に向かって、今できること・できないこと」「これからできそうなこと・できそうにないこと」など、企業経営者みずからが徹底的に考え抜くことで、「貴社の理想とする未来を叶えられるストーリーとは何か」を見出すことが、今一番大切なことではないでしょうか。

【関連ブログ】

売れるストーリーを考える ~成功へのイメージを具体化しよう!~

**********************************************

*最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。*

**********************************************

合同会社 PLAN IN PLACE では、入念なヒアリングものと、貴社の現状に合わせたアドバイスが可能です。お気軽にご相談下さい。

本気で海外市場開拓を目指す経営者・事業責任者の方々とともに、「売れるストーリー」を見出し、実現まで伴走できることを心待ちにしております。

** 新規開拓でお悩みの企業様、海外進出をご検討の企業様、まだ検討段階でとりあえず話を聞きたい経営者様・事業責任者様を対象に、無料(リアル or オンライン)個別相談会 を随時承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。                                          弊社WEBSITEの【お問い合わせ】をクリックして、ご希望の日時をフォームに ご記入・送信 いただければ、メール 又は お電話にてご相談日時を調整し、お客様のご予約を確定いたします。**

おすすめブログ】

「オンライン無料相談会」を実施しております。

月刊経営情報雑誌 MASTERS(月刊マスターズ) 2022年10月号 に紹介されました。

**********************************************

blog

ブログ

               

「海外進出のイロハ」「貿易の仕組み」「貿易形態」「海外貿易のリスク」「取引条件」など、海外展開に役立つ情報を発信いたします。

information

各種セミナー・お役立ち情報

メルマガ登録のイメージ画像

メルマガ登録

               

海外輸出入に関する最新事情や、業界のこぼれ話などのお役立ち情報を配信しています。お気軽にご登録ください。

台湾勉強会・セミナーのイメージ画像

台湾輸出勉強会・セミナー

台湾市場を知り抜く弊社代表・西村による勉強会・セミナーです。海外輸出入のイロハを0からわかりやすくお伝えします。

個別相談会のイメージ画像

個別相談会

お客様のビジネスにとって、海外進出は正しい選択なのか。業界30年の経験をもとに、誠意を持ってお答えします。

go
top