初めての海外輸出 ~ 物流=物の流れ をイメージしよう!~

台湾貿易の知識

こんにちは、合同会社 PLAN IN PLACE 代表の西村です。

私は今まで何百回も海外出張に行きましたが、海外の空港で 記憶に残る 数々のトラブル をたくさん経験してきました。

例えば、アジアのある巨大空港で国際便を乗り継ぐ際、到着ゲートから出発ゲートまで約4kmの距離を30分以内で移動しなければならないことがありました。

それはただ単純に空港内を移動するだけなら問題ないのですが、途中にセキュリティーチェックがあるため、実際には 巨大空港内をほとんど全力で疾走したことを、皆さんにご想像いただきたいと思います。

また20年前に初めてインドの国内空港を利用した時、ごった返す エアコンのない 狭い待合スペースで、空いた椅子もなく、頻繁に変更される出発時間や搭乗ゲートの 案内アナウンス に疲労と焦りを感じながら、つらい4時間を過ごしたこともありました。

たとえどれだけ余裕を持った 移動や乗り継ぎ計画 を立てていたとしても、慣れない海外空港で起きる 突然のトラブル にはかなわないですね。

皆さんは、海外の空港で「突然のトラブル」を経験したことはありますか?

さて今回も、できるだけわかりやすく、また役に立つ情報をお伝えしていきます。

それでは最後までよろしくお願いします。

*今回は「初めての海外輸出~ 物流=物の流れ をイメージしよう!~」がテーマです。*

「物流を制する者は****を制す」とは?

「物流を制する者は」と入力してインターネット検索すると、検索結果には 多くの「物流を制する者は****を制す」というブログ が出てきます。

「物流=物の流れ」 はビジネスにおいてまさに キーポイント(Key Point)であり、「物流=物の流れ」 を考えずには ビジネスは成り立たない ことを意味した 有名な格言(金言) と言えます。

もちろん、海外貿易においても同じことが言えます。公共機関などが開催する 初心者向け貿易セミナー では必ず「3つの流れ」という キーワード(Keyword)とフローチャート(Flowchart) が出てきます。

その「3つの流れ」とは以下の通りです。

  • 物の流れ:売主(Seller)から買主(Buyer)へ商品が 販売・輸送 される 流れ です
  • お金の流れ:商品代金や貿易に関する諸経費を支払う 流れ です。
  • 書類の流れ:売主(Seller)と買主(Buyer)の間で 契約から商品を受け取るまでに必要な書類の 流れ です。

海外貿易において「3つの流れ」が大切なことは、私も同感です。

それこそ私も、 海外(輸入・輸出)案件を入手した際、まず最初に「物の流れ」を検討します。

例えば、輸出国から輸入国までの 輸送手段(海上・航空)・出荷単位(物量)・輸送や通関に必要な日数 などを大まかにイメージしたり、引合いが より具体的になれば 国際物流会社に 問合せや見積依頼 を行います。

また、食品を取り扱う場合は「物流=物の流れ」に細心の注意を払います。なぜならば、食品は 品質や賞味期限の確保、さらには輸出国や輸入国において 手続きや規制 をクリヤーしなければならないからです。

よって、海外貿易における「物流=物の流れ」とは、あたかも「わが子を海外へ送り出す、もしくは わが子を海外から出迎える」ような気持ちで対応すべきことである と私は思っています。

海外貿易では「物流=物の流れ をイメージする」ことが第一歩

まず、海外輸出案件で第一に考えなければならないことは、物量と物流(物の流れ) です。

短納期で受注した場合や、単価が高く物量(㎥)が小さい場合には、輸送コストが高い 航空便輸送 を利用することもありますが、多くの場合は輸送コストが経済的な 海上輸送《 コンテナ輸送(FCL or LCL)》を利用します。

また海上輸送の場合、そのほとんどは日本の主要港から出航となるため、工場や保管倉庫から日本の主要港まで商品を移動させる必要があります。

それゆえ、日本の主要港までの流れ・日本での通関手続き・海上輸送日数・相手国での通関手続き・相手国での販売ルートなど、一つ一つ「物の流れ(フロー)」を考えていくと、それに 必要な時間や発生する費用が 自然に理解できるようになります。

また食品の場合、賞味期限や品質を確保しなければならないので、最短の物流ルートを選んだり、輸送期間においては温度管理ができる手段(冷蔵・冷凍トラック/リーファーコンテナ)を使うなど、商品に対して細心の注意を払う必要があります。

たとえ機械を輸出する場合であっても、どのようなコンテナを使うべきか、またどのように 収納・固定 するかなど、輸送期間中の品質確保のため、経験豊富な国際物流会社のアドバイスを受ける必要があります。

どうでしょうか、一つ一つ「物の流れ(フロー)」を考えていくと、自分があたかも 商品に伴走しているような感覚 を覚えませんか?

この「自分が商品に伴走しているような感覚」こそ、私が皆さんにお伝えしたい「物流=物の流れをイメージする」という意味であり、まさにこれが 海外輸出の第一歩 なのであります。

【関連ブログ】

初めての輸入ビジネス ~押さえておくべき知識や注意点とは?~

台湾市場の可能性について ~その魅力を探る~

海上輸送(コンテナ輸送)で気をつけることは?

例えば、混載(LCL)よりコンテナ1本(LCL)で出荷した方がよい場合があります。

ほんの一例ですが、以下の通り紹介します。

  • 運賃計算によって、混載(LCL)よりコンテナ1本を借りたほうが(FCL)が安くなる場合
  • 匂いが移ってはいけない商品を輸送する場合(匂いを発生させるもの、または 匂いを吸収しては困るもの)
  • 商品や外装箱への損傷をできるだけ防ぎたい場合
  • 仕向け港に到着後、コンテナからすぐに取り出したいような急ぎの場合

このようなケースは 自分が実際に経験して初めて理解できること なので、普段から 注意と関心 を持って 物流=物の流れ を検討していきたいですね。

**********************************************

*最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。*

**********************************************

合同会社 PLAN IN PLACE の “事業の本質” とは

自社商品に愛着を持つ「事業者の想い」を傾聴し、「新しい方法や進むべき市場」を提案することで、両社が成長・発展し続ける未来を実現する ことです。

貴社の描くゴールを傾聴し、理想的なストーリーへと導くことをお約束します。

本気で海外市場開拓を目指す経営者・事業責任者の方々とともに、 「売れるストーリー」を見出し、実現まで伴走できることを心待ちにしております。

**新規開拓でお悩みの企業様、 海外進出をご検討の企業様、まだ検討段階でとりあえず話を聞きたい経営者様・事業責任者様を対象に、無料(リアル or オンライン)個別相談会 を随時承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。                                         弊社WEBSITEの【お問い合わせ】をクリックして、ご希望の日時をフォームに ご記入・送信 いただければ、メール 又は お電話にてご相談日時を調整し、お客様のご予約を確定いたします。**

おすすめブログ】

「オンライン無料相談会」を実施しております。

月刊経営情報雑誌 MASTERS(月刊マスターズ) 2022年10月号 に紹介されました。

********************************************** 

blog

ブログ

               

「海外進出のイロハ」「貿易の仕組み」「貿易形態」「海外貿易のリスク」「取引条件」など、海外展開に役立つ情報を発信いたします。

information

各種セミナー・お役立ち情報

メルマガ登録のイメージ画像

メルマガ登録

               

海外輸出入に関する最新事情や、業界のこぼれ話などのお役立ち情報を配信しています。お気軽にご登録ください。

台湾勉強会・セミナーのイメージ画像

台湾輸出勉強会・セミナー

台湾市場を知り抜く弊社代表・西村による勉強会・セミナーです。海外輸出入のイロハを0からわかりやすくお伝えします。

個別相談会のイメージ画像

個別相談会

お客様のビジネスにとって、海外進出は正しい選択なのか。業界30年の経験をもとに、誠意を持ってお答えします。

go
top