売れるストーリーを考える ~成功へのイメージを具体化しよう!~

ビジネス情報

こんにちは、合同会社 PLAN IN PLACE 代表の西村です。

私は今まで、多くの方々と出会い、そして仕事をしてきました。その経験の中で学んだことは、仕事ができる と言われる方々には、必ず 自分が考える成功へのイメージ があり、またそれを 達成するストーリー を持っているということです。

これは、単なる偶然ではなく、仕事ができる方々の標準仕様 と私は思っています。

さて今回も、できるだけわかりやすく、また役に立つ情報をお伝えしていきます。

それでは最後までよろしくお願いします。

*今回は「売れるストーリーを考える ~成功へのイメージを具体化しよう!~」がテーマです。*

風が吹けば桶屋が儲かる?

皆さんは「風が吹けば桶屋が儲かる」という ことわざ をご存じと思います。

今回、私はここでこの ことわざ の意味を説明するつもりはありません。この ことわざ から見える ストーリー全体 に注目していただきたいのです。

例えば、Aが起こるとBになる、BになるとCになる・・・、これはとても自然に見えます。しかしビジネスにおいては、自社を取り巻く環境など、外部要因によっては “AがBにならず、Cになる” かもしれません。

私はこのような事象や流れ全体こそが “ストーリー” であると考えます。

ビジネスにおいて、新規事業の立上げや新規顧客の開拓などでは、誰もがおおよその目標を決め、その行動や日程を考えると思います。これはごく普通のことですが、では実際どれくらい先まで、またうまくいかなかったときの対策まで、考えているでしょうか?

私はこういう観点において、将棋や登山、スポーツにおいても同じことが言えると考えています。

売れるストーリーとは

では今回のテーマである 売れるストーリー を 自分の山登り にたとえてみましょう。

これから自分が山登り (ビジネス) をする時、その立地場所 (国や市場) や高さ (難易度) など、いろいろな情報を集めます。それから山登りの対象となる山を決め、今度は実際の登山ルートを考えます。

最短ルートや標準ルート、危険なルートや安全な迂回ルートなど、いろいろあるでしょう。そしてその状況に対して、最終的に 自分の知識や経験、また能力に合わせた登山ルートを決めることになります。

自分にとって今回の目標が「山登り (ビジネス) で山頂に立つ (成功する) こと」であれば、より早く、より安全に、そして確実に登れるルートを選ぶことが重要です。

しかしながら、別の人は「最短ルート」や「危険なルート」の方がより早く山頂に立てると言うかもしれません。でもそれが自分にとってBEST WAYになるとは限りません。

なぜなら自分の知識や経験、能力を超えた領域で何かを決定・実行することは普通に考えても、大変危険なことであるからです。

また自分が選んだルートであっても、途中で雷雨にあったり、遭難する可能性があるかもしれません。そうであれば、登山ガイドの方と山登りするという選択肢さえも考えられます。

このように考え始めたらキリがありませんが、自分の限られた時間・能力・費用などから、山登りの対象となる山や登山ルートを決め、最後には安全に、また確実に山頂 (成功) に立つこと が今回のストーリーになります。

これこそが私の言う、「成功へのイメージ」 であり、それを具体化したものが「 成功へのストーリー」 なのです。

これはビジネスにとっても同じことが言えます。

大企業とそれ以外の企業では、企業体力に差があります。ですから、ビジネスのやり方が必ずしも同じになるとは限りません。こういう点を、企業経営者や事業責任者の方々が もう一度理解する ことがとても大切なことではないでしょうか。

成功へのストーリーを作り上げるには

では仕事ができるといわれる方々は、どうやって 自分が考える 成功へのイメージ や、また 成功へのストーリー を作り上げているのでしょうか?またそうなるためにはどのような能力を備えていけばいいのでしょうか? 

私は次のような方々には、成功へのストーリーを作り上げる力が備わっていると感じています。

  • 自分のおかれた状況を正確に理解している。
  • 自分に合った方法や自分の力量がよくわかっている。
  • 頭の中で PDCA を高速に回している。
  • 先を読む能力に優れている、また情報に敏感である。(感性が高い)
  • 状況を理解するため、本能的に鳥瞰したり、近づいたりしている(見方を変えている、岡目八目を体得している)

どうでしょうか、皆さんはどう思われますか?

私自身、海外販社の設立プロジェクトマネージャーや海外法人長を経験した時、成功へのイメージ や 売れるストーリー について何度も考え、そして専門書や指南書を読みつつ、TRY AND ERROR を重ねました。

でもシンプルに考えればその答えは、私が社会人1年生の時、会社の支社長からいただいたアドバイスに答えがある気がします。

そのアドバイスとは・・・・

「営業なら感性を磨くこと、すなわち感じる性能を上げることだ!」

「営業と(好きな) 女性と仲良くなる方法は同じ、(女性や顧客を) 好きになったら、どうやったらよく思われるか、いろいろ考え、そして行動するだろう!」

どうでしょうか、やはり先人の教えには一理あると思いませんか?

【関連ブログ】

仮説とFS(実行可能性調査)の関係 ~仮説の設定からFSの実行まで~

仮説思考と検証について  ~海外マーケティングのイロハとは?~

**********************************************

*最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。*

**********************************************

合同会社 PLAN IN PLACEでは、国内や海外営業に30年以上従事した私の経験をふまえて、わかりやすいコンサルティングやサポートを第一に考えております。お気軽にご相談下さい。

本気で海外市場開拓を目指す経営者・事業責任者の方々とともに、「売れるストーリー」を見出し、実現まで伴走できることを心待ちにしております。

** 新規開拓でお悩みの企業様、海外進出をご検討の企業様、まだ検討段階でとりあえず話を聞きたい経営者様・事業責任者様を対象に、無料(リアル or オンライン)個別相談会 を随時承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。                                         弊社WEBSITEの【お問い合わせ】をクリックして、ご希望の日時をフォームに ご記入・送信 いただければ、メール 又は お電話にてご相談日時を調整し、お客様のご予約を確定いたします。**

おすすめブログ】

「オンライン無料相談会」を実施しております。

月刊経営情報雑誌 MASTERS(月刊マスターズ) 2022年10月号 に紹介されました。

**********************************************

blog

ブログ

               

「海外進出のイロハ」「貿易の仕組み」「貿易形態」「海外貿易のリスク」「取引条件」など、海外展開に役立つ情報を発信いたします。

information

各種セミナー・お役立ち情報

メルマガ登録のイメージ画像

メルマガ登録

               

海外輸出入に関する最新事情や、業界のこぼれ話などのお役立ち情報を配信しています。お気軽にご登録ください。

台湾勉強会・セミナーのイメージ画像

台湾輸出勉強会・セミナー

台湾市場を知り抜く弊社代表・西村による勉強会・セミナーです。海外輸出入のイロハを0からわかりやすくお伝えします。

個別相談会のイメージ画像

個別相談会

お客様のビジネスにとって、海外進出は正しい選択なのか。業界30年の経験をもとに、誠意を持ってお答えします。

go
top