海外貿易の心得 ~相手国の文化や習慣、歴史を理解することから始めよう!~

台湾貿易の知識

こんにちは、合同会社 PLAN IN PLACE 代表の西村です。

私は海外貿易に従事して30年余り、海外出張ではアジアを中心に数百回、また海外勤務では 香港・中国(上海市・昆山市)・台湾(台北市)・ミヤンマー(ヤンゴン)を経験しました。

海外貿易のスタートは 中国・香港・台湾 でしたが、気がつけば インドを含むアジア全域・オセアニア地域・トルコ など、多くの海外企業と取引をすることができました。

今となっては、どの国にも忘れがたい思い出があり、また会いたい友人がいることを懐かしく、また誇りにも思います。

さて今回も、できるだけわかりやすく、また役に立つ情報をお伝えしていきます。

それでは最後までよろしくお願いします。

*今回は「海外貿易の心得~相手国の文化や習慣、歴史を理解することから始めよう!~」がテーマです。*

海外貿易には何が必要か?

皆さんは海外企業と取引をする場合、どのような準備や学習をされますか?

貿易実務の基礎知識はもちろん、英語や現地語の学習をされる方が多いのではないかと思います。

これも正しい選択ですが、それ以外にもやるべきことがたくさんあります。

例えば、相手国で自社商品を販売しようとする場合、現地に適した販売仕様にする必要があります。そのためには、現地の輸入規則や法律・価格設定・包装形態や入り数・パッケージの表記に至るまで、相手国で販売する商品仕様についてのマーケティングが必要不可欠です。

しかし、それらのマーケティングには「相手国の文化や習慣を理解しておく必要性がある」ことを、あらかじめ理解している方は意外に少ないのでは?、と私は感じています。

例えば、日本の商品をアジアに輸出する場合、有名な一説があります。それは「日本の包装デザインを相手国のために100%変えようとせず、どうしても変えなければならない部分以外は、日本風のデザインをあえて残しておく」という考え方です。

これは、相手国の購入者が商品パッケージを見て「これは日本製の商品、もしくは日本企業が作った商品」とすぐに理解させるための方法です。私の経験から言えば、この方法は消費財、例えば お菓子や文具などの業界 でよく使われています。

東南アジアにおいて「商品パッケージに 日本の漢字・ひらがな・カタカナ が見受けられる」のはそのためです。また、模倣品の商品パッケージには日本人から見ると、意味不明の日本語が使われていることがよくあります。

それは、現地の購入者が正しい日本語を理解できないため、これら「模倣品の商品パッケージ」にも 日本の漢字・ひらがな・カタカナ が見受けられるのでしょう。

しかし、インドや中東地域では、東南アジアでよくみられる「商品パッケージに 日本の漢字・ひらがな・カタカナ が書いてあるような商品」は、見かけなくなります。

それこそ、ほとんどの商品パッケージには、英語ないしは現地語 しか使われていません。一説によると、インドや中東地域の購買者は「日本語と中国語の区別がほとんどできないからそうなった」とも言われています。

よってこれら地域では「”漢字混じりの商品パッケージ = 中国の商品” と思い込む傾向が強い」 のかもしれません。

【関連ブログ】

中華圏で使われる漢字と言語について ~その違いを理解しよう!~

華人と華人ネットワーク について ~中華系商人の特徴を知る~

知ると知らないでは大違い!~相手国の文化や習慣、歴史を理解しよう!~

これまで述べたこと以外にも、その国特有の文化や習慣があります。また、その国の歴史を知ることで「なぜ相手国が親日国なのか?、もしくは反日国なのか?」を理解しておくことも大切です。

私の経験から言えば、中国・香港・台湾・韓国・インド・ミヤンマー・トルコ などは、日本との歴史(関係史)をよく理解しておいた方がよいと感じています。

私は海外貿易において、相手国の文化や習慣を 前もって、また継続的に、調査・確認する ことを心掛けています。

そのためには、相手国に関する データや指南書 を読んだり、関連セミナーを受講したり、現地取引先企業や (元) 駐在員の方々からの リアルな情報 も出来るだけ収集しています。

すなわち、私にとって「相手国の文化や習慣、歴史を理解すること」は「海外貿易の基本」であり、また「必要不可欠な知識」と思っています。

それは、あたかも「好きな女性にどうやったら気に入ってもらえるか?」を考え続けるが如く、また私自身が「好きだからこそ相手(相手国)をもっと知りたくなる」のではないでしょうか。

皆さんも、現地に行けば「相手国の文化や習慣、歴史を ”知ると知らないでは大違い!”」であることを ”体感” することができるでしょう。

**********************************************

*最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。*

**********************************************

合同会社 PLAN IN PLACE の “事業の本質” とは

自社商品に愛着を持つ事業者の想いを傾聴し、「新しい方法や進むべき市場」を提案することで、両社が成長・発展し続ける未来を実現する ことです。

本気で海外市場開拓を目指す経営者・事業責任者の方々とともに、「売れるストーリー」を見出し、実現まで伴走できることを心待ちにしております。

さあ皆さん、一緒に海外進出を成功させましょう。

** 新規開拓でお悩みの企業様、海外進出をご検討の企業様、まだ検討段階でとりあえず話を聞きたい経営者様・事業責任者様を対象に、無料(リアル or オンライン)個別相談会 を随時承っております。まずはお気軽にお問い合わせください。                                         弊社WEBSITEの【お問い合わせ】をクリックして、ご希望の日時をフォームに ご記入・送信 いただければ、メール 又は お電話にてご相談日時を調整し、お客様のご予約を確定いたします。**

おすすめブログ】

「オンライン無料相談会」を実施しております。

月刊経営情報雑誌 MASTERS(月刊マスターズ) 2022年10月号 に紹介されました。

**********************************************

blog

ブログ

               

「海外進出のイロハ」「貿易の仕組み」「貿易形態」「海外貿易のリスク」「取引条件」など、海外展開に役立つ情報を発信いたします。

information

各種セミナー・お役立ち情報

メルマガ登録のイメージ画像

メルマガ登録

               

海外輸出入に関する最新事情や、業界のこぼれ話などのお役立ち情報を配信しています。お気軽にご登録ください。

台湾勉強会・セミナーのイメージ画像

台湾輸出勉強会・セミナー

台湾市場を知り抜く弊社代表・西村による勉強会・セミナーです。海外輸出入のイロハを0からわかりやすくお伝えします。

個別相談会のイメージ画像

個別相談会

お客様のビジネスにとって、海外進出は正しい選択なのか。業界30年の経験をもとに、誠意を持ってお答えします。

go
top